• home
  • contact

株式会社スキルアップマネジメント|ジェネラルサントスココナッツオイル NPO法人fore your smile

ジェネラルサントスココナッツオイル

「レシピ」に関する記事

フレンチレストラン シェヴーのココナッツオイルレシピ

ヘルシーチュロス (2人分

材料

こうや豆腐    4~5枚

ココナッツオイル 大さじ2~3

シナモンパウダー少々

塩少々

ココナッツシュガー適量(なければグラニュー糖でもOK)

 

作り方

1.こうや豆腐を水でもどす。

2.水をしっかりきって、1センチ幅に切る。

3.耐熱バットに並べ、ココナッツオイルをかける。

4.180°のオーブントースターで30分焼く。

5.熱いうちにシナモンパウダー、塩、ココナッツシュガーをかけて出来上がり。

 

卵、小麦粉を使ってないので、アレルギーのお子さんにも安心です。

是非お試しください。

 

芦屋フレンチレストラン シェヴー様より冬のデザートレシピ

*焼りんご

材料

りんご   1個

砂糖    大さじ2

ココナッツオイル 大さじ1~2

シナモン   少々

 

作り方

りんごの芯をくりぬいて、中に砂糖とココナッツオイルを入れます

オーブンを200度に温めて、15分~20分焼焼きます。

 

焼リンゴ      2焼リンゴ

焼リンゴ4      焼リンゴ6

 

温かいうちにいただくと、体が温まり、風邪など引き始めの栄養補給になります。

冷たいアイスクリームを添えるとおしゃれなデザートになります。

 

 

芦屋フレンチレストランシェヴー様より12月のレシピ

かぼちゃのテリーヌ

材料

かぼちゃ              1k

ココナッツオイル 60g

塩                小さじ3分の2

サラダオイル        少々

 

作り方

かぼちゃは四つ割にして皮をむき種を取り、くし切りにする。

フライパンにサラダオイルをなじませてココナッツオイルを20g入れて温める

かぼちゃが重ならないように並べて、塩を軽くふり弱火でじっくり火を通す。

焦げるようなら残りのココナッツオイルを少しずつ加える。

1テリーヌ 2テリーヌ

テリーヌ型にラップを敷き、かぼちゃを熱い内に隙間なく詰めてラップをかぶせる。

型に入る板などを入れて、上から体重をかけてプレスする。

3テリーヌ 4テリーヌ テリーヌ5 6テリーヌ

粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やし固める。

切り分けて皿に盛り付ける。

お好みでマヨネーズをミルクでわったソースを添えると、アクセントになります。

テリーヌ7

テリーヌの容器がなければ似たような形のタッパーでもOKです。

 

クリスマスのおしゃれな一品に是非作ってみてください。

 

 

芦屋フレンチレストラン シェヴー様より11月のレシピ

サンマとキノコのホイル焼

材料(2人分)

サンマ2匹

じゃがいも1個

レモンスライス2枚

キノコ(しめじ、舞茸、しいたけ適量)

ココナッツオイル、オリーブオイル適量

作り方

サンマははらわたと頭尻尾を取り、塩コショーをしてココナッツオイルでソテーする。

キノコも塩コショーしてオリーブオイルでソテーする。

さんま1          さんま2

じゃがいもはスライスしてレンジで加熱する。(竹串が通るくらい)

アルミホイルに薄くココナッツオイルを塗って、

じゃがいも、サンマ、レモンスライス、キノコの順にのせ

アルミホイルを二つ折りにしてはじを三つ折りにして角も折る

さんま3さんま4さんま5

 

食べる前にオーブントースターに入れて3分温める

アルミホイルが膨らんできたら出来上がり。

アルミホイルのままお皿にのせて食べる時に開けると、

サンマとキノコの香りがして美味しいです。

ココナッツオイルで焼くことで青身魚の匂いも気にならず食べれます。

*キノコはどんなものでもOKです

すべての食材に火を通してあるので、前もって準備しておくと、食べる前に温めて

熱々を食べれます。

今回はさんまでしたが、いろんな食材でホイル焼をチャレンジしてみて下さい。

 

 

 

 

 

10月のレシピ

bonne chance のヘルシーフードアドバイザー橋本多恵子様より、今月は秋らしく、栗のケーキのレシピをいただきました。

 

材料

卵       2個

バター      50g

ココナッツオイル 50g

薄力粉      100g

グラニュー糖   100g

栗甘露煮     100g

1栗ケーキ

作り方

卵に砂糖を入れて角が立つまで泡立てる。

*最初はお湯をはったフライパンで湯煎しながら泡立てて、その後湯煎からはずして泡立てるときめの細かい泡になります。

溶かしたバターとココナッツオイルを入れて混ぜる。

小麦粉を振って混ぜる。

2栗ケーキ   3栗ケーキ   栗ケーキ4

栗は飾り用を残して、生地に混ぜる。

型に入れて、160度のオーブンで30分焼く。

(オーブンによって多少焼け方が違うので15分焼いたら様子を見て、焼きめが濃くなりそうなら、残り15分はアルミホイルをかけてください)

5栗ケーキ 6栗ケーキ 栗ケーキ8

栗ケーキ7

栗を飾って出来上がり。

今回は栗でしたが、レーズンやバナナなどでもOKです。お試し下さい。

 

 

ココナッツオイルを使ったラスク

ジェネラルサントスココナッツオイルの愛用者の方から、ラスクのレシピをいただきました。

 

☆ラスク☆

合格材料合格

☆プレーン☆
・フランスパン  2/1本
・ジェネラルサントスココナッツオイル    大さじ3
・グラニュー糖  適量

チッチ!メープルにする場合はココナッツオイル、メープルシロップを半量ずつ

チッチ!ココアの場合はココナッツオイル
大さじ3、ココア大さじ2

合格作り方合格

1フランスパンを1㎝幅にカットし、
耐熱皿かクッキングシートなどに
少し隙間を空けて並べ電子レンジ
で20秒くらい加熱する

電子レンジから出し、15分くらい
乾かしておく

2バットにココナッツオイルを入れ
乾かしておいたフランスパンを
浸しよくしぼる

クッキングシートの上に少し隙間が
出来るように並べ160度に予熱して
おいたオーブンで15分焼く

3グラニュー糖をまぶし、粗熱が
取れるまで冷ます

出来上がり~おんぷ

ラッピングすると素敵になりますよハート
ダウンダウンダウン

ほのかに ココナッツオイルの味と

風味がしますキラキラ

サクサクして軽く美味しいです

ココナッツオイルの量は、好みが

あるので調節して下さい

 

豆腐のグラタン

最強のダイエット食品コンビ!納豆とキムチを使って、ホワイトソースではなく、豆腐でグラタンを作ります。もちろんココナッツオイルもプラスして、とろねばな食感です。

材料(二人分)

木綿豆腐  1丁

納豆    1パック

キムチ 刻みねぎ 適量

ココナッツオイル  大さじ1めんつゆ

とけるチーズ

作り方

豆腐をしっかり水切りします。キッチンペーパーに包んでレンジで3分程加熱すると早く出来ます。

ボールにチーズ以外の材料をいれて、豆腐をつぶすようによく混ぜる、(キムチが大きい場合は切る)。

すべて生で食べれるものばかりなのでここで味見!キムチの味が物によって違うので、調節しながらお好みの量の麺つゆを入れて味を調える(少し濃いめのほうが美味しい)

耐熱皿に入れ、とけるチーズをのせてオーブントースターでチーズがとけてこんがりするまで焼く。

Aオイル会

おなかの中で乳酸菌と納豆菌が働いて、そこにココナッツオイルも手伝って、ヘルシーな豆腐で結構満腹になるダイエットメニューです。

 

 

第二回オイル会

ジェネラルサントスココナッツオイルをご愛用いただいているお客様に、ココナッツオイルを使ったお料理を食べていただきながら、いろんな使い方をご提案する「オイル会」を行いました。

 

  Gオイル会  Fオイル会 Eオイル会 Dオイル会 

 オイル会B Aオイル会 Cオイル会

  クッキー   オイルケーキ     

今回もすべてのお料理にココナッツオイルを使っています。

キーマカレーは以前に芦屋フレンチレストラン シェヴー様よりいただいたレシピで作りました。HPの前のページを参照下さい。

簡単なお料理ばかりですが、レシピ紹介します。

今日は「大学いものナッツあえ」

さつまいもの美味しい季節になります。油で揚げずに、ココナッツオイルで焼いて、砕いたナッツと黒胡麻をアクセントにした、アンチエイジングメニューです。

材料

サツマイモ    中1本

ココナッツオイル 大さじ2

砂糖       大さじ1

酒        大さじ2

蜂蜜       小さじ1

ミックスナッツ 黒胡麻 適量

作り方

サツマイモを食べやすい大きさに切る。早く火が通るように、お皿にならべラップをかけて1分半レンジにかける。

ミックスナッツ(なければ、バタピーでも、アーモンドでもなんでもOK)をフライパンで少し炒って、ビニール袋に入れて、麺棒で叩き、細かく砕く。

フライパンにココナッツオイルを入れ、中火でサツマイモを焼く。中まで火が通ってやわらかくなったら、砂糖、酒、蜂蜜を混ぜたものをすこしづつ回し入れ、からめる。

(芋の甘さが種類によって違うので、甘みはお好みで加減してください)

砕いたナッツと黒胡麻をあえて出来上がり。

ナッツ類には、コレステロールを下げたり、整腸、抗酸化作用があります。毎日少しづつでもとれるといいですね。細かく砕いたものを常備しておけば、おひたしに混ぜたり、焼いたお肉にかけたり、色々使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月のレシピ

毎月、ココナッツオイルを使った美味しいお料理レシピを下さっている、芦屋のフレンチレストラン シェヴーのオーナーマダム 橋本多恵子さんは、レストラン経営以外にも、ヘルシーフードアドバイザーとして、Bonne chance (ボンヌシャンス)という会社を立ち上げられ、体が喜ぶ料理教室や、食育の講演、など様々な活動をされています。

http://ashiya-bonnechance.com/

お料理教室では、身体に安全な調理方法や、食材の選び方、洗い方、保管の仕方まで教えていただけます。

安心安全な食材をちょっとの工夫で美味しく食べて、家族みんなで元気になる。

少しずつ意識してみるのも良いのではないでしょうか。

 

今月のレシピは、家で出来るホテルのふわとろオムレツ!

ココナッツオイルは酸化しにくい安心安全なお勧めオイルです。

材料(一人分)

卵    3個

ミルク 50CC

塩コショー 少々

ココナッツオイル 大さじ2

トマト  1個

ケチャップ   大さじ1~2

ウスターソース 大さじ1

作り方

卵をムラなく良く混ぜてミルクを入れ、塩コショー少々で味をつけ、良く混ぜる。

ココナッツオイルを大さじ1入れたフライパンをあたためる。(卵液がついた箸でフライパンに線が引けたら適温です)

1オムレツ  2オムレツ

卵液を入れて箸でかき混ぜながら、フライパンの淵で木の葉の形を作る。

1秒おいてお皿にひっくり返して盛りつける。

フライパンにココナッツオイルを大さじ1入れて切ったトマトを炒める、ケチャップ、ウスターソースを入れてソースを作る。

オムレツにかけて完成。  オープントーストにしても美味しいです。

4オムレツ  3オムレツ

ココナッツオイルで作ることで、いつもよりふわふわに仕上がります。

お試し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芦屋フレンチレストラン シェヴー様より8月のレシピ

今回は、フランスやイタリアで古くから食べられている、伝統的な焼き菓子「ババ」です。

ネーミングにちょっとびっくりしますが、少し洋酒をきかせた大人のお菓子です。

材料 (3~4個分)

強力粉      70g

ドライイースト  小さじ1/2

グラニュー糖   小さじ2

牛乳       大さじ1

卵        1個

ココナッツオイル  10g

*シロップ材料

水        1カップ

グラニュー糖   1/2カップ

ラム酒      大さじ1

アルミカップ8号

 

作り方

Aの材料を混ぜる。Bの材料を混ぜてAに加えよく混ぜる。アルミカップを2枚重ね、救って入れる。水を霧吹きでふきかけ、かるくラップをして15分ねかせる。

7ババ 4ババ

オーブンを200度に温め13分焼く(オーブントースターなら、1000Wのもので15分様子を見ながら焼いて下さい)

2ババ  1ババ

シロップを作る。水とグラニュー糖をよく混ぜとかして、ラム酒を入れる。生地が焼けたら、カップからはずしてシロップにつけ、冷蔵庫で冷やす。

噛んだら中からジュワーっとシロップがしみでてきます。デコレーションはお好みで!!