• home
  • contact

株式会社スキルアップマネジメント|ジェネラルサントスココナッツオイル NPO法人fore your smile

ジェネラルサントスココナッツオイル

ココナッツオイルとラウリン酸のお話

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が多く含まれているというお話は以前しましたが、その中でもラウリン酸は平均して約50%も含まれています。

 

ラウリン酸の効果は様々ありますが、一番わかり易いのが、母乳に含まれているということです。

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、お母さんの免疫をもらってるから、風邪を引きにくい..などと聞いたことのある方はたくさんいらっしゃると思います。

それこそがラウリン酸の働きなのです。免疫力を高めたり、細菌の働きを抑えたりします。

又ラウリン酸は体内で、感染病原体から保護する抗菌物質モノラウリンに変化し、体を守ってくれます。

 

母乳に含まれているラウリン酸は約7%ですので、ココナッツオイルがいかにたくさん含まれているか判っていただけると思います。

 

妊婦さんにココナッツオイルを使って、マッサージをしている先生のお話では、マッサージをすると、オイルが毛穴から血管にまで浸透するそうです。ココナッツオイルなら、赤ちゃんがお母さんの肌をなめても安全だし、血管から母乳にまざってもラウリン酸の効果もあり良いそうです。

 

妊婦さんや授乳期のお母さん、様々な病気と戦っている方の栄養補助としてココナッツオイルは飲んでも体に塗ってもその効果は期待できます。

 

ジェネラルサントスココナッツオイルは濾過を繰り返し不純物を取り除いた100%ピュアなオイルです。ココナッツの風味もよりマイルドで、つわりのある妊婦さんにも飲みやすくなっています。皮膚にココナッツの粒子も残らないので肌への浸透もとても良いです。

ジェネラルサントスココナッツオイルを飲みはじめたせいか、今年は風邪をひいてない、というお客様からのお声を聞くと、とても幸せを感じます。