• home
  • contact

株式会社スキルアップマネジメント|ジェネラルサントスココナッツオイル NPO法人fore your smile

ジェネラルサントスココナッツオイル

ココナッツオイルとアルツハイマー病

ココナッツオイルの摂取でアルツハイマー病による認知機能障害が劇的に改善される。というようなお話は聞かれた事のある方もたくさんいらっしゃると思います。

順天堂大学大学院医学研究所の白澤教授の著書によると、脳の神経細胞の変性は50歳くらいからすでに始まっているそうです。

 

アルツハイマー病と診断されるのは70歳~75歳がピークなのですが、20年かけて少しずつ進行していくのだそうです。

 

2020年には65歳以上の約8.4%の有病率で、有効な治療薬がまだないと聞いてしまうと、本当に怖いです。

 

生活習慣や食事で早くから予防対策をしたいですね。

 

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸が一番多く含まれている食品です。

中鎖脂肪酸は肝臓でケトン体という物質に分解されます。

 

アルツハイマー病は、エネルギー源であるグルコース(ブドウ糖)を脳の神経細胞の変性によってうまく使えなくなるのが主な原因です。ココナッツオイルをとることで、ケトン体がブドウ糖の変わりに脳神経に働きかけ、改善されるのだそうです。

どのくらいの期間の摂取で改善されるのかは個人差があるようですが、中にはその日から改善を示すケースもあるようです。

 

まずは、一日スプーン一杯のココナッツオイルで予防を始めてみませんか?